Jgrドライバー 飛距離 比較

高初速、高打ち出し、低スピン、抜群の捕まり、打ちやすさ、とにかく飛びにこだわった「飛距離モンスター」が設計のコンセプトとなっています。 飛距離モンスターってキャッチコピー凄くないですか?自分でハードルを上げてくるなんて・・・ この強気のスタンス。しかもめっちゃキャッチーだ。 明治おいしい牛乳ぐらい強気ですね。 ではでは肝心の中身ですが、基本的な構造はクラウンを効果的たわませることで高初速化を狙っています。しかし、クラウンのたわませると言うのは各メーカーやってますよ。 ところがブリヂストンさんはそこだけに着眼しません。 通常だとクラウンがたわむのと同時にソール側もたわんでしまう。 ここが非常に大事なんですが、クラウンと同時にソールもたわんでしまうとエネルギーが分散してしまうんです。そこで今回のJGRはソール部分にV時のリブを配置して剛性を高めています。 このリブのおかげでソールのたわみを最小限に抑える事ができ、フェースとクラウンを最大限たわませてエネルギーを集中して飛距離アップに結びつけているんですね。 しかも、クラウン部分にはスリット(溝)がはいっているんですが、このスリットがあることでたわみ量がスリットなしに比べて非常にアップしているとの事。 結果的に高めの打ち出しと初速アップに貢献しているのです。 そんでそんで、前作のJGRは捕まりが良いクラブでスライサーの救世主としてヒットした名器でした。本当スライスしなくて売れましたよねー だけども捕まりが良い反面、ライ角が凄くアップライトだったので、それだけで敬遠するゴルファーも多かったのも事実です。 見た目から左行きそうに見えるって人もいますもん。 だけれども、そこは改良されていますのでご安心を!! 今回のJGRも同様に捕まりが良いタイプなんですがアップライトすぎないライ角と視覚効果でとてもアドレスしやすいドライバーに仕上がっています。 さらに飛距離には貪欲なツアープロも実際に使用するなど、とにかく飛距離が魅力だという事なので個人的にもかなり興味があったドライバーです。 ドライバーはやっぱり飛べば飛ぶだけいいですからね。 あと最大の特徴というか、最近のブリヂスドンのドライバーに多く採用されている「パワーミーリングフェース」 JGRにももちろん採用されてます。 これはなにか、簡単に言うと。フェースの溝の効果で無駄なバ. 「マスターズ」飛距離1位 デシャンボー愛用1wが中古で買い時に?G425 MAX ドライバーを筒康博が試打「ヘッドの存在感大」. ブリヂストンが『飛距離モンスター』と評するJGRドライバーですが、クラブ仕様を見ると飛距離を出したい、もっと飛ばしたいゴルファーに向けたクラブなのが見えてきます。 重心距離も適度に扱いやすいと言え、クラブフェースのターンを意識しなくて. 」なんて方もたくさんいると思いますが、そういった方のほとんどは、基本の弾道をどうにかしようと毎回スイングが変わってしまっていると思われます。基本はスライスするんだけど、どっちのタイプかわからないという方は、練習場で特にスイング的なことは何も意識せず、しっかりと目標方向を定めたうえで3球ほど8割ぐらいの力で打ち、目標方向に対して左右どちらにボールが打ち出されているか確認してみましょう。特に何も意識しなければ3球とも同じ方向に行くはずです。それでも散らばる方は、クラブとスイングがマッチしていない可能性が考えられます。. 5インチ ロフト角が11. ヘッド体積460cc ロフト角は9. 今回はbridgestone golfの新しいドライバー tour b jgrドライバーです。前作のjgrと打ち比べてみました。月1~1.

飛距離は220ヤード。この後も何ホールかフェード打ちを試みましたが、ヘッドがボールをとらえようとする挙動が強くて苦労しました。“tour b jgr ドライバー” は、僕の場合はフェードを打とうとすると、飛距離性能がフルに発揮されない感じでした。. 堀越TW-Xはイメージ通りの弾道と高さが得られます。ドライバーよりも空中での高さが抑えられて、タテの距離をコントロールしやすく、イメージ通りの球筋に近いです。打感は軟らかく「重み」があるので打っていて安心感があります。 堀越MTBブラックの弾道はかなりプロボールと近いです。インパクトが重く、フェースに乗る感覚が強いです。柔らかい打感の通りにスピンが効いてくれるので止まり方もかなりいい印象です。 堀越ソリッドな打感で高さと適度なスピンで止めるボールですね。球離れが少しだけ早く、操作性よりも直進性を重視しています。 堀越JGRは飛距離が出てしっかり止まります。カバーの違いで4モデルの中では打感は硬めですが、弾道はディスタンス系の雰囲気ではなく、完全にプロボール寄りでしっかり止まりますね。. 比較的やさしく飛ばせるのでシニアの方にもオススメです。 一方正面から見てフェースが円形に近く、上から見ても丸い形をディープと呼びます。 操作性が高く重心が低めで、スイートスポットの少し上で叩くと非常に飛距離が出ます。. 飛距離にこだわったシリーズのドライバーです。最大の特徴は、ヘッドがターンする力が非常に強いこと。ほかの2本はどちらかというと「ヘッドが返しやすい」といった表現にとどまりますが、このモデルは「ヘッドが自らターンする力」をかなり持っています。少々振り遅れたとしてもこの力によって右へ打ち出すミスをクラブがカバーしてくれます。 それだけにニュートラルなスイングで打つと自然とドロー系の弾道が出ます。強いプッシュスライスでお悩みならこのモデルですね。反対に軽いプッシュぐらいの方が使うとフックボールになる可能性もあります。それぐらい強い補正能力を持ったモデルです。 自らヘッドターンをしてくれるということは、表現を変えれば「インパクトでフェースがスクエアの位置よりさらに戻ってくる」こともありうるということ。ヘッドが通る軌道よりもフェースが左方向を向けば、スライスすることはなくなります. そのスライスですが、実は大きく分類すると2種類あるんです。1つは目標方向に対して右に打ち出し、そこからさらに右に曲がってしまう「プッシュスライス」。もう1つは、目標方向に対して打ち出しは左ですが、そこから強く右に曲がっていく「カットスライス」です。 ひとくくりにすれば同じスライスですが、それぞれミスの原因が微妙に異なります。ミスの原因に合わせてドライバーを選べば、弾道をより安定させることができるでしょう。今回は、私なりに「プッシュスライス」向けのドライバーと「カットスライス」向けのドライバーを選定しましたので、よければ参考にしてみてください。. See full list on masa-golf. ドライバーヘッドスピード別 平均 飛距離比較 誰しもドライバーの飛距離は、知りたい所ですよね。自分が飛ぶ方なのか、飛ばない方なのか比べてみたくなります。 平均飛距離を知ることで、飛ぶ方だったら、それ以上に飛ばしたいのがドラーバー飛距離ですし、飛ばない方でしたら少し体を.

海外メーカーのドライバーのほとんどが直進性の高いモデルです。そういったモデルはヘッドのターンが穏やかになりやすいので、フェース面がスクエアを過ぎて当たって左に打ち出すカットスライスに悩むゴルファーにはピッタリです。ご紹介した2本の違いは 打ち出しは左のままスライスを軽減させて安定しやすいG410 SFT 打ち出しもスクエアに寄せつつスライス幅も軽減させ、なおかつスピンも減らしやすいM6 といった感じ。安定感のG410 SFT、飛距離も欲しいM6といったところでしょうか。. どうしたらシニアが飛距離アップできるのか; 飛ぶドライバーを選ぶときのチェックポイントとは? シニアにオススメ 飛ばしのテクニック; なぜ夢のドライバーはできないのか? いろんな指標で比べてみました. 飛距離部門; 扱いやすさ部門; 人気度部門 堀越TW-Xはやわらかめでフェースに食いつきますね。出球は低めでも空中に飛び出してから浮いていく弾道。スピン量はやや多めで、最大飛距離よりも安定した飛距離を求める人に向くでしょう。 堀越MTBブラックは、この4モデルの中で最もソフトな打感です。プロボールとも遜色ないレベルですね。タイトリストの初代「プロV1」の開発者が作ったボールだけに、プロボールと似た性能を持っていますね。 堀越AD333ツアーは弾き感のある打感でライナー性の弾道。勝手に高さが出て、キャリーを稼ぐというより、バチンと強く叩ける人がしっかり飛距離を出せる性能。弾きがいいのでヘッドスピード40m/s前後でもランがよく出ました 堀越JGRの打感は少し硬めですが、かなり飛びます。高初速が感じられる打ち出しと、空中での安定感があり、飛距離性能は高いです。打音が高く、打感はやや硬めに感じますが、弾きの良さを求める人はむしろ心地よく感じる打感で気にならないはずです。 「セミツアーボール」は高初速コア、機能性インナーカバー、スピン性能の高いアウターカバーという構造的にはプロボールと同じ組み合わせでできているので、どのボールも一定レベル以上の高性能を発揮しているのだろう、と堀越プロの分析。 堀越とくにドライバーの飛距離に関しては、アマチュアが使う場合、プロボールと同等かあるいは飛距離が出る可能性が高いでしょう。プロボールと差が出るのはアイアンの止まり具合やアプローチのスピン性能の部分ですが、各社ともウレタンカバーを採用することで(JGRはアイオノマーカバー)その差は小さくなっています。. 飛ぶと評判の新JGR 噂の“ネジ”の効果は!? 松田鈴英や三ヶ島かならが使用して急激に飛距離を伸ばし、発売前から注目度の高かったブリヂストン「ツアーB JGR ドライバー」。ソールに付いた“謎のネジ”として話題を呼んだウレタンポリマー「SP-COR(サスペンションコア)」を搭載し、弾きも. 堀越打感に関しては、本間ゴルフの「TW-X」とスネルの「MTBブラック」がとくに柔らかく、アプローチでもショットでもフェースにくっついて、乗る感覚があります。スピン性能に関してはライがいい所からのショット、アプローチであれば、アマチュアにはプロボールとの差をほとんど感じないレベルだと思います。 堀越ただし、ラフから下りのグリーンに向かってアプローチするなどというように、条件が過酷になってくるとプロボールの優位性が出てきますね。 つまり、アマチュアにとっては、自分の力量の範囲内で寄せられる状況であれば、セミツアーボールは申し分ないということ。使わないのはもったいない話だ。 堀越プロがもしセミツアーボールを使うことになっても、慣れれば試合でも問題なく使えるでしょうね。普段プロボールを使っているシングルクラスの腕前の方も、使いやすいと感じるはずですよ。 上記の性能に加えて、価格が一段安いのが魅力。セミツアーボールは、コストパフォーマンスボールとも言えそうだ。 週刊GD年12月25日号より.

. jgr 初速アップと、打感やわらか低スピン。 シャフト選びは慎重に! 今回の試打でmt君は、”飛距離の壁をブチ破れ”の課題を達成できずくやしそうでしたが、私は課題達成でシャフトもヘッドも好印象のドライバーに感じました。. 当記事はTOUR B JGRドライバ―の年モデルと年モデルの比較を行っています。年モデルについて詳しく知りたい方は、下記の試打・評価記事をご覧ください。 ⇒TOUR B JGR. ツアーボールとそれ以外のボールで、いちばん差を感じるのは「打感」と、ショートゲームでの「スピン性能」だ。最新のセミツアーボールはその部分をどう強化しているのだろうか。 堀越TW-Xは出球の高さが適正で高くも低くも狙えますね。打ち出しが高く出て重い感じでストンと落ちる。ショットの時のようなフェースにくっつく感じはなくなり、高さと重力で止まるような感覚。スピンは適度で「止まっちゃう」ことは少ないはず。 堀越MTBブラックはボールが低く出るのでラインを出しやすいですね。4モデルの中でも打感は明らかにソフト。フェースにくっついている時間が長いので、低く打てるのです。 堀越AD333は強めのスピンでピタッと止められます。スピンは効きますが、ファーストバウンドで適度にほどける印象。キャリーとランの割合が安定していてワンパターンの打ち方でも寄せやすいです。 堀越JGRは打ち出しが高く、ピッチショットに合いますね。フェースの溝がきちんとカバーにひっかかってくれる印象。打ち出しは4モデルの中でいちばん高いので、低い弾道でスピンを効かせる打ち方は苦手です. ■G410 SFT ドライバー(ピン). いわずと知れた日本の横綱ゴルフブランド「ゼクシオ」です。ヘッドターンのしやすさと打点のミスに強い仕上がりで、打ってみるとやはりやさしいなと再確認させてくれますね。このイレブンは、スイングをいい方向に導く(トップを安定させてブレを少なくする)技術が搭載されていますから、スイングがバラついてしまう方に効果があるでしょう。ボールがよく上がり、右に打ち出しにくい設計になっているので、プッシュスライスにお悩みの方は試す価値が大いにあるモデルです。 このゼクシオ イレブン ドライバーでスライスが改善し、逆に強いフックボールが頻出する場合は「ゼクシオ Xドライバー」を試してみるといいでしょう。 ゼクシオは歴代、打ったときの音や感触を大事に開発されてきました。打っていると爽快な気分になります. 4 ブリヂストンによるツアーbシリーズの公式動画.

SP-COR(サスペンションコア)がフェースの反発をコントロール。高初速エリアを拡大。 SP-COR搭載でソールの剛性がアップ。つかまりの良い高弾道で飛ばせる。 フェースのミーリングがインパクトでのボールの滑りを抑制、低スピン化を促進し飛距離性能を向上。 SP-CORの先端部にポリマーを装着. . 更新:年12月4日 飛ぶドライバーとは、ヘッドスピードが遅くても、フェース面の反発力により、ボールスピード(ボール初速)を速くして、平均飛距離アップできるドライバーこそが、飛ぶドライバーです。. See full list on kakakumag.

<ブリヂストンゴルフ「jgr」ドライバー> kaz’sインプレッション(10点満点) 飛距離:10 上がりやすさ:10 操作性:6 構えやすさ:9 打感の柔らかさ:7 ミスの許容度:10. jgrドライバー 飛距離 比較 ■インプレス UD+2ドライバー(ヤマハ). 飛距離が出るドライバー ランキング 年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介します。. いかがでしたか。ちょっと説明しなければならない部分が多く、長くなってしまいましたが、右に打ち出してスライスする方はヘッドターンさせやすいモデル。左に打ち出してスライスする方は、直進性の高いモデルを使うと、スイングを変えなくても症状を緩和し、いい結果につながりやすくなるはずです。ぜひ参考にしてみてください。 写真:野村知也. 5度まで用意しているので幅広い層がターゲットである事がわかります。 純正シャフトのS(中調子)で総重量が295グラム、最近の傾向からすると特別軽量に仕上げているというわけでもなさそうです。一般的なアマチュアゴルファー(ヘッドスピード40前後)の方が振りやすい重さです。 スポンサードリンク. 比較4: 飛距離 ※自社調べ. こちらも2月に発売になったばかりの最新モデルです。直進性の高さと強い弾道がウリのアスリートモデル。クラブとして、スライスを補正する能力は正直それほど高くありません。しかしカットスライスのボールをあえてこのクラブで打ってみると、強い弾道で左への打ち出しも治まり、なおかつスライス幅も抑えることができました。 ただ、ある程度のヘッドスピードがないとこのヘッドの低スピン性能を生かしきれないので、打ち出し角を増やすべく多めのロフトをチョイスすると安定したフェードボール(右方向へ曲がりの少ない球筋)が打てると思います。 反発係数を一度超えてからルールの範囲内に落とすという異例の方法で作られているM6。直進性の高さはトッププロからもお墨付きです.

More Jgrドライバー 飛距離 比較 videos. やさしいアスリートモデルとして人気があるのがこのモデルで、ヘッドターンのしやすさに加えて直進性の高さがウリ。狙った方向にさえ打ち出せれば安定して直進性の高い弾道が打ちやすい設計になっています。アスリートモデルではありますが、打点のミスへの許容性も持ち合わせているので、プッシュスライスでお悩みの方は身構えずに一度試打してみることをおすすめします。 シャフトバリエーションが多いのも魅力のひとつ。純正シャフト「TOUR AD for JGR TG2-5」との組み合わせは、タイミングが取りやすくクセがないので、初中級者でスライスに悩む方に特にオススメです。シャフト専門メーカー製のカスタムシャフトは純正ではどうしても合わない人のためのもの。純正を試したあとに「もっとこういうシャフトはないか」と店員さんやフィッターさんに伝え、相談して選んでいくのがベターです。 フェースローテ―ションが割とやりやすいため、テークバックで大きめにフェースを開いても、インパクトで間に合います. ■TOUR B JGR ドライバー モデル(ブリヂストンゴルフ). ドライバーにおいての扱いやすさは、まずミスヒットや打点のブレによって距離が落ちない点を第一に評価しました。 これは、実践の場においてスコアに繋がる重要なポイントでもあり、最低限備えておいてほしい性能でもあるからです。. ゴルフを初めて2年、jgrドライバーでついに念願の100切りをすることができました!! jgrドライバーを使ってみると、いつものようにスイングしても曲がらずまっすぐ飛びobが出ませんでません!飛距離も10~20ヤードぐらい伸びている気がします。. プロも絶賛しているJGRドライバーを試打してみた感想でしたが、トータルバランスが非常に優れていて飛ぶドライバーです。 「飛距離モンスター」の宣伝はダテじゃない! このヘッドに叩けるシャフトのスピーダーエボリューション4とか挿れるとめちゃくちゃ飛びそうな気がします。 5段階評価 飛距離 jgrドライバー 飛距離 比較 5 jgrドライバー 飛距離 比較 jgrドライバー 飛距離 比較 方向性 4 打感 5 デザイン 3 以上、飛ぶと評判のドライバーTOUR B JGRを試打してみたので感想と評価【これは良い】という話題でした。. ・年モデルのドライバーで飛距離が出るモデルをランキング形式で紹介します。 対象となるドライバーは、各メーカーで現行最新モデルとしてホームページやカタログに掲載しているモデルとなります。. 「とにかく飛ぶ」と評判のTOUR B JGR。フェース面の反発をコントロールするSP-CORE(サスペンションコア)を搭載して高初速エリアを拡大し、Boost.

2 ツアーb xドライバーと前作のツアーb xd-3ドライバーの試打・比較; 2. 『tour b jgr ドライバー』は、ブリヂストンスポーツが年の9月13日に発売するクラブです。 大規模な予約キャンペーンで、試打したゴルファーが飛距離データに納得して、次々に予約していることで話題になっています。. -5は程よい重量感と硬さがあるため、しっかり振りきることができてます。それが飛距離と方向性の.

高反発ドライバーでもっとも気になる数字が「飛距離」だと思います。 今回試打をしてくれた足立さんは普段の平均飛距離が150ydほどだそうです。. ■ゼクシオ イレブン ドライバー(ダンロップ). 5度 長さは45.

100人試打で分かった!本当に飛ぶドライバーはこの4モデル!。スペシャルに関する最新情報はパーゴルフの新メディア〜par golf plus(パーゴルフ. 5ラウンドの100前後のエンジョイ. 3 クラブフィッターがツアーb xのテクノロジーを詳しく解説; 2.

飛距離部門; 扱いやすさ部門; 人気度部門. See full list on golfdigest-play. tour b jgr ドライバー. 飛距離 飛距離モンスターと呼ぶには物足りない。 打感 甲高い打音のせいか硬く感じました。 方向性 つかまりは良いのでスライサーは安心かと思います。 弾道高さ 9. 5度。 現在僕が使っているドライバーの重量から20グラム程度軽いですが、一言でいうと簡単で捕まり抜群で飛ぶドライバーでした! 飛距離モンスターと言う自信満々のキャッチコピーを付けれたのも頷けます。 jgrドライバー 飛距離 比較 最初に打ってみた感想は弾道がとても高くて低スピンで飛ぶのに打感がすごく良かった。 クラウンのたわみの効果か、ヘッドがぐにゃ~って変形して球持ちが良い感じでフェースにボールが吸い付く感覚です。 そして、フェースにくっついてる感覚があるのにボールの初速がでていました。これがほんと不思議。 どうしても初速が速いドライバーっていうのは打感がちょっと硬く感じたりするんですが、このJGRは柔らかい。めちゃくちゃ好みの打感。 打球音も低すぎない、丁度気持ちの良い高さの音で昔使っていたX-DRIVEを思い出しました。 音はクラブ選びの要素の中でもとても大事にしているので高得点です。 さらにミスヒットした時でもけっこう飛んでくれていたのでこれはアマチュアゴルファーにとってはとてもありがたいですな。 jgrドライバー 飛距離 比較 ライ角もアップライトみたいですが、ヘッド形状のせいかアドレスした感じではあまりアップライトには見えないので構えやすい。 このライ角が前作から大きく改良されているので多くのゴルファーから支持されそうですね。 そしてそして、アップライトな分捕まりが非常に良くてキレイなドローが打てていました。 純正シャフトは特に癖もなくて振りやすい、適度に手元側にしなりのポイントを感じられて切り返しの間が作りやすかったです。 ただ、クラブの性能は高くて気にいったんですが一つきになるのは「クラウンの模様」ここだけがどうも気になる。。。 これは好みがわかれるところなので気にならない方もいるでしょうが、個人的にはマイナス要素でした(苦笑) ソールのデザインは結構かっこよくて好きなので本当に惜しい。 パワーミーリングフェースの効果も十分に発揮されていて、バックスピン量が安定します。 特に印象的なのは、フェースの下のほうでボールを捉えてもスピン量が増えすぎないのが凄い。 フェースの下のほうで打つとギア効果が働いて通常はスピン量が増えてしまうんですが、ミーリング効果がはっきりでています。. それでは、それぞれのスライスに効果のあるドライバーをご紹介していきましょう。最近のドライバーはみなヘッドが大きく、ヘッドの重心位置が、シャフト軸線から深く長い位置、簡単にいってしまえばシャフトから遠い位置に設計されているものが多くなっています。 シャフト軸線から重心が遠い位置にあると、芯を外しても曲がりにくくなるのですが、半面、ヘッドを返しにくくなります。こういったクラブは主に海外メーカーに多いですね。これもあって最近では、スイング中のヘッドターンをあまり大きくしないような理論が主流になりつつあります。 しかし日本のゴルフ界には「ヘッドターンは積極的に行うべき」という思考が色濃く残っており、実際にそういったスイングのアマチュアゴルファーはまだまだたくさんいらっしゃいます。ヘッドターンを積極的に行うスライサーのゴルファーが最近の大きなヘッドのドライバーを使うと、ヘッドをターンさせづらいためにプッシュスライスが出やすくなるのです。そのような日本の事情に詳しい日本メーカーは、そういった日本人に合ったクラブを開発しているため、主流である重心の遠いクラブとはちょっと趣が違います。重心は海外ブランドのモデルほど遠くなく、特にヘッドターンのしやすさに大きく影響する「重心距離」が短めに設計されているものが多いのです。この違いがプッシュスライス、カットスライスの違いにちょうど当てはまるのです。 左が日本メーカーの、右が海外メーカーの、ともにスライスを軽減し飛距離アップを狙って作られたドライバー 日本のゴルファーの事情を踏まえた日本メーカーのスライス軽減クラブと、世界のゴルフトレンドを踏まえて開発されている海外メーカーのスライス軽減クラブでは、機能がかなり異なります。ひと言でいえば、ヘッドをターンさせやすくしてスライスを軽減させる日本メーカー、ヘッド自体の性能で曲がりを抑える海外メーカーといったところでしょうか。ひとつ注釈ですが、ヘッドの返りやすい特性は、あくまで「スライス軽減を狙ったクラブに限る話」です。国内メーカーのすべてのドライバーがそうなっているわけではありません。 要は、プッシュスライス、カットスライスは、メーカーのスライス軽減を狙ったドライバー作りに対する考え方によってそれぞれ克服できるということです。 【プッシュスライス】 フェースが戻りきらず開く→ヘッドをターンさ. 10月27日の「オトナの自由時間 マーク金井の喋らずにいられない!」。23日に発売になったjgrを引っ提げ、ブリヂストンゴルフから高木さんと高橋さんのお2人が来てくださいました。. 直進性の高さと打点のミスへの強さで人気の高いピンのドライバーの、スライサー向けモデルです。SFTとは「ストレート・フライト・テクノロジー」の略で、直進性の高さに加えて、ヘッドがターンする力を高めたモデル。ヒール後方側にウェートが装着されていて、ヘッド本来の重心の深さによる打点のミスへの許容性に、ヘッドの返しやすさを付加しています。 SFTではないスタンダードのモデル(G410 PLUS)と比べるとヘッドはターンさせやすくなっていますが、それでも国産のモデルほどではありません。適度なヘッドの戻しでフェースをスクエアに戻しやすくしつつ、ヘッド本来の直進性の高さによりスライスを軽減させ、左に打ち出したボールを適度な曲がりに変えてくれます。打点が少々ズレてもボールを安定して飛ばしてくれるのもポイントのひとつ。 この2つの効果で、狙った方向にちょうどよくボールが戻ってくる感じですね。合うゴルファーのイメージは、カットスライスが出た後に、スライスを防ごうとして次のショットでは左に真っすぐ行ってしまうことが多いゴルファー。ピンポイントな言い方ですが、意外に多いはずです。 ヒール後方に装着された.

· 飛距離やボール初速などの数値を比較するときは、自らの標準偏差を見ることが重要になる。 ドライバーにおいてはなにより『安定性があること』が重要なのだから。.